Moritomo Trading Co.,Ltd.

KENKEN NMN9000

森友 KENKEN NMN9000

NMN9000

NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMN(β-ニコチンアミドモノヌクレオチド)とは、ビタミンB3群の中に含まれるβニコチンアミドモノヌクレオチドという物質で、あらゆる生物の細胞に本来は存在しています。

本来は体内で自然に組成される物質ですが特に哺乳類の場合、加齢に伴い体内でNMNの生産能力が減退し結果、身体内で加齢が始まり、様々な身体機能の修復機能が失われていくと考えられています。

上記の様な現象から今NMNは現在、様々な分野で注目を浴びています。

ワシントン大学 今井眞一郎教授による研究

2011年、ワシントン大学の今井眞一郎教授を中心としたNMNの研究により抗老化作用に関与が発見され医療業界及び老化研究者に大きなインパクトを提供ました。
抗老化(若返り)の効果の可能性を秘めたNMNという物質の存在とその驚きの効果が報告されました。
NMNは7種類ある全ての長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)にエネルギーを提供すると考えられており、若返りや抗老化作用が期待できる物質です。
NMN研究によりNMNは現代医学では根治が不可能とされたⅡ型糖尿病に劇的な治療効果をあげると言うことも解明されてきました。

NMNの研究結果

  • NMNを与えられたマウスの寿命が16%延びる事が確認された
  • 生後22ヶ月のマウスにNMNを投与した場合、体の細胞が生後6ヶ月の状態に若返った
  • 糖尿病のマウスにNMNを投与した場合、血糖値が正常な値に戻った
  • 完治が難しいとされる心臓や肝臓の疾患に効果を示した

老化現象は身体の様々な部分で発生します。生物の酸素消費の90%以上はミトコンドリアで消費され、生体のエネルギー通貨と呼ばれるATP(ヌクレオチド類)と言う生物エネルギーに変換されます。ミトコンドリアが活性化する事により身体機能が正常化(神経伝達回路の改善や、内臓機能の正常化)に働きます。

NMNの摂取によりミトコンドリア活性化を行う事が極めて重要と言われており、ミトコンドリアを活性化することで身体機能が正常に作用し老化現象を遅らせることが出来ると考えられています。

また加齢と共にNMNが減少しミトコンドリア活性が衰えていくことにより、活動力の低下したミトコンドリアはエネルギー消費効率が悪くなる上、機能不全が老化の原因の一つと考えられています。

商品名 KEN KEN NMN 9000
価格
99000 円 (税抜)
この製品に関する
お問い合わせ

moritomowr@gmail.com

PAGETOP
Copyright © 株式会社森友商社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.